アレルギーレスカラーってなに?

一般的に知られているカラーはアルカリ性のカラー剤です。美容室で使用したりドラックストアで販売されている物です。

その中の成分(酸化染料)でパラフェニレンジアミンと言う物が使われています。これがアレルゲンとなりアレルギー反応(ジアミンアレルギーを起こします。ジアミンが入っていないカラー剤をアレルギーレスカラーと呼んでいます。

アレルギーレスカラー剤は?

ジアミンの入っていないカラー剤は天然ヘナ・マニキュア・HC染料・塩基性カラーとありますがHC染料・塩基性カラーを使用します。

HC染料・塩基性カラー?

HC染料は分子量の小さな直接染料で、髪の内部に深く入り込みます。
髪の内部で他の薬剤と反応して分子が大きくなる作用がないため、髪への負担が少ない染料ですが、反面、キューティクルの隙間から流出しやすい染料でもあります。

塩基性カラーはヘアマニキュアなどに使われている酸性染料と同様に、最初から色味を持った色素です。
酸性染料は髪のカチオン基にイオン吸着して染毛します。塩基性染料は髪のアニオン基に吸着して染毛します。 塩基性染料は酸性染料と違い、トリートメントクリームに配合可能です。そのため、ヘアマニキュアに比べ、しっとりした仕上がりになります。しかも、気になるニオイもありません。
この2つを組み合わてます。
白髪染めでもファッションカラーでもどちらも対応し頭皮と毛髪へのダメージが少なく鮮やかな色にも対応しております。

メリット・デメリット

メリット

  • ジアミンフリーでジアミンかぶれがない
  • 頭皮への刺激・髪へのダメージが少ない
  • 薬剤の嫌な臭いがない
  • 染めにくい白髪も1回の施術で染色できる
  • 根元から染色できる(頭皮についても取れる)
  • ライトナーやブリーチ使用で明るい色にも染められる
  • 寒色系から暖色系までの豊富な色バリエーション
  • 化粧品分類の薬剤でパーマと同日施術も可
  • トリートメント成分で髪の手触り・ツヤ感アップ

デメリット

  • 単品で明るいするのが難しい
  • 通常のヘアカラーに比べて色持ちの期間が短い
  • 髪質によって白髪が1回の施術で十分に染まらないことがある

ハイブリットカラー?

通常のアルカリカラーとアレルギーレスカラーを混ぜたカラー剤です。

アレルギーレスカラーのデメリットを解消することが出来ますがジアミンが入っている為アレルギーレスではございませんがアルカリカラーより刺激やダメージが軽減されます。

毎月カラーをされている方にお勧めです。

アレルギーの少ないヘアカラーで出来る伊丹の美容室

ご予約・お問い合わせ072-782-9951受付時間 火曜日~土曜日9:00 ~19:00
日曜日7:00~17:00月曜定休日

お問い合わせはこちら

天然ヘナで健やかな頭皮と毛髪に

天然ヘナショップ
天然100%ヘナとハーブのお店です
。多くの美容室でも使用されているインドKEO社の天然100%手選別ヘナとハーブカラーを取り扱うショップです。
毛髪・頭皮・体に優しい植物カラー(化学染料の入っていない物)だけを取り扱っています。